バレーボール

バレーボール 最新ニュース




[PR]



2007年11月26日(Mon)▲ページの先頭へ
男子バレー 瀬戸際で踏ん張ってます!
 バレーボールW杯で、25日、全日本男子がフルセットの末、
エジプトを下して、通算成績を3勝3敗のタイに戻した。

 第4セット後半から第5セットにかけて12連続ポイントを
獲得する驚異的な攻勢を見せ、北京五輪出場権獲得(3位以内
まで)に望みをつないだ。

 見所は第4セット。

 あと2点与えれば試合終了となる19−23という大劣勢から
途中出場のベテラン山本隆弘選手を中心とした積極的攻勢で6連
続ポイントを奪って逆転。

 最終セットも勢いに乗って勝負を決めた。


 山本選手は、 「4セット目、あそこからの逆転が今のチーム
の底力。ああいうところでしっかりと決めるのが僕の役割ですから」
と日本の驚異的粘りを表現した。

 薄氷を渡るような白星だったが、負ければ絶望的となる北京五輪
への切符も首の皮一枚つながり、大きな1勝をもぎとった。


 残り5試合、ぜひこの粘りで全勝して北京オリンピック出場権を
もぎ取って欲しいですね。





   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年9月
         
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2007年 (11)
11月 (1)
12月 (10)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:0
累計:3,656